2020年12月08日

STORY : クッションができるまで

FEATURE CONTENTS


犬や猫の睡眠時間は毎日12時間以上。
つまり生涯の半分以上を寝て過ごしていることになります。

野生動物は外敵から襲われる危険に備えて、浅く短い眠りを何度もくりかえしています。
その習性は、現代の私たちと暮らす犬や猫にもしっかりと備わったもの。
それだけの睡眠時間を要する犬や猫にとって、睡眠時間が良質である事はとても大切なことです。

だから、快適で安心して眠ることのできる犬のクッションを真剣に考えてみました。

ふかふかのフェザークッションの秘密


 

10年ほど前から作っているオーダーメイドクッションの中身は、これまで洗えるポリエステル綿を採用していました。

小型犬の体重であれば、綿のみでも十分に心地良いクッションとなるのですが、フレンチブルのようなずっしりと体重のある犬種や、中型〜大型犬となると、もう少し沈み込みに耐えられるインナーが必要です。

そこでたどり着いたのは、フェザー入りのへたりにくいクッション。

しかし、フェザーだけではベタっとしてしまいクッションが復元しないため、
特殊配合したウレタンチップをフェザーとかくはんして混ぜ合わせる事で、抜群のクッション性と復元力を実現することができました。

 

 

実はこれらは、人が使うソファの座面と同じ工法の作りとなっています。
下の写真のソファにも、このペット用のオーダークッションと同じフェザーをたくさん使用しています。

 

 

それから、カスタムオーダーで選んでいただける生地にも、ソファや家具で使う丈夫な椅子生地をたくさん取り揃えました。

犬や猫と暮らしている方なら良く目にする光景かと思いますが、犬や猫は前足で寝床を整える習性があります。

爪が引っかかりにくく、このホリホリに耐えられる厚手の生地。

また、長く使い続けられることと、インテリアに調和する素材というのも、私たちがものづくりをする上で大切にしていることです。

 

 

はじめにも触れたように、犬や猫は本当に長い時間を寝て過ごしています。
一緒に暮らしはじめた当初は、こんなにもか、と驚くばかりでした。

それから、人間用のソファが本当に大好きということも、一緒に暮らす中で知った驚きのひとつです。

ソファを好む理由は、私たちのにおいに安心するから、ということもあるようですが、
一番のお気に入りはやっぱりきっとその寝心地なんじゃないかと思います。

 

建築や家具製作の仕事を営む私たちが、これまで何十台ものソファを作ってきた中で培ってきた知識を落とし込んだ、特別なペット用オーダークッション。

天気のよい日に天日干ししてあげれば、私たちの布団と同じく、太陽の香りいっぱいのふっかふか仕上げ、かつ、抜群の復元力でぐっすりと眠りにつくことが出来るはずです。

 

 

■ご注文はこちらから
>> オーダークッション ORDER CUSHION - we original –