2019年06月30日

特集 : はじめよう!かんたん手作りごはん

 

 

犬や猫と暮らすうえで、本当に必要なこと。  それは・・・





 

 

私たちの、忙しい朝。
出社前に、バナナを食べるとします。

ランチに、ハンバーグとレタスと大根のサラダを食べて、夜にお刺身を食べる。

実は、私たち人間は、普段の食生活の中で、果物や野菜、生魚(肉)から「酵素」
という、自然から得られる栄養素を摂取して生きています。

この酵素があるからこそ、食べ物を消化し、丈夫な体を作る(体内の細胞を形成)ことができています。

もっとも、基本的な考え方として、私人間を含めた動物はすべて生モノから
「酵素」という天然の恵みをいただくことによって、生命活動を続けられている のです。

自然と、私たち動物は一体になって、循環している。
これがローフード(Raw=生)という考えです。

 

完全な手作りごはんを実践するには、犬や猫それぞれの持病、皮膚の状態や、
食事への興味や好き嫌い、個体差のある犬の体をすべて周知したうえで、
栄養バランスを計算したレシピを、毎日毎日考えていかなければなりません。

これを継続していことは、想像以上に難しいことです。

ですから、ペットが健康に生きていけるよう設計されている
「総合栄養食」の ドライフードを半分。

そして、もう半分は、生食にして「酵素」をできるだけ積極的に与えてあげる。

例えば、生野菜のキャベツやにんじんは、私たちの食事の余り物だって、
ぜんぜん構わないのです。

これが私たちが提案している、かんたん手作りごはん

どうですか? これだったら、楽しんで手作りごはんができそうじゃありませんか。

犬や猫の人生のうち、飼い主であるあなたと過ごす時間というのは、
ごはんの 時間と同じくらい、いや、それ以上に至福の時なのではないかと思います。

飼い主もペットも、一緒に楽しみながら知識を得て、
食を体験する。 おいしいごはんをたくさん食べて、笑顔になる。

毎日のごはんの食材を通して、犬や猫との暮らしをもっともっと健康に、
そして 充実したかけがえのない時間になってくださればと願っています。

それでは、はじめましょうー!
Let’s cooking!