2019年06月30日

特集 : はじめての生肉にチャレンジ!手作りごはん【入門編】

これからの犬猫の食事は、必ず馬肉をはじめとする「生の食材」が必要になってきます。

なぜなら、生食にはドッグフードでは決して補うことのできない「酵素」をはじめとする様々な栄養素が含まれているからです。

今回の特集は生肉の与え方にクローズアップ!
ぜひ、毎日のごはんの参考にしてみてください。

 

 

 

かんたん!犬の手作りごはんを紹介

最近、話題の「酵素」。
酵素は、生ものや発酵食材からしか得ることのできない、貴重な栄養素です。
もちろん、犬にとってもドライフードでは補うことのできない酵素を摂取することは必要です。

わかってはいるけど、なかなか手間もかかりそうだし…
栄養バランスを考えると難しい…
ましてや、忙しい朝は、犬のごはんを準備している時間がなかなかとれない…

 

でも! たった30秒の朝ごはんだったら、どうでしょうか?

馬肉を自然解凍(または画像のように流水解凍)してドライフードにトッピングするだけ。

ドライフードは、いつもあげている分量の3割程を減らして生肉をトッピングします。

体重1kgあたり生肉を10〜20g(1日)が目安となります。
ですが、(*1)良質な動物性たんぱく質が必要過多になりますことはありませんので、もう少し多くても構いません。
そのときの季節や愛犬の体調や便の硬さ大きさなどを見ながら調整してください。

 

また、私たちの食事の余り物の キャベツやバナナ、トマトなど、生の食材を入れてあげるのも酵素を手軽に摂ることができ
効果的です。
きれいに盛りつけずに、よくかき混ぜて まんべんなく食べれるようにして与えます。

たったこれだけの事ですが、体の中からみるみる元気に活発になり、
毛つやもびっくりするほど輝かしくなります。

それは、生ものから摂取できる酵素が消化や分解を助け免疫力や抵抗力を高めるから。
そして良質なたんぱく源は、引き締まった体を作り代謝を高めます。

そう、私たちだって、サラダやお味噌汁、フルーツやヨーグルトなどから毎日、酵素をはじめとする栄養素を取っているからこそ健康な体でいられるのです。

 

ということで、まずは、馬肉とドライフードで30秒の朝ごはんにチャレンジ!

慣れてきたら、馬肉だけではなく、様々なお肉やお魚でバリエーションを広げてみましょう。
同じ食材を与え続けることは、慢性的にアレルギー体質を作ることに繋がります。
異なる食材から、それぞれ様々な栄養素を取る事は、健康な体作りにとってもっとも重要な
事なのです。

また、ドライフードの代わりに「ベースフード」や「オイル」でアレンジしてみたり
穀類や野菜も個体にあったバランスを見つけて健康で長生きする体にしていきましょう。

 

 

*1)世界的栄養基準AAFCOの2008年ガイドラインにて
「犬と猫が必要とする炭水化物の最低量はゼロである一方、たんぱく質は過剰供給になることはない」と述べられている通り
犬や猫にとって穀類などの炭水化物より肉類がもっとも必要な栄養素とされています。