2019年06月30日

特集:季節の野菜&フルーツをたくさん食べよう!

手作りごはんは「お肉=6 穀類=2 野菜=2」が基本。

でも、そもそも誰がこんな事を決めたのでしょう?
ドライフードこそ、栄養バランスが整ったごはんじゃないの?

そんなふうにも思うかも知れませんね。

そのヒントは、犬の祖先であるオオカミの食事にありました。

 

 

スーパーにならぶ、色とりどりの季節の野菜やフルーツ。

我が家の犬たちにも、こんなおいしそうな野菜やフルーツなら食べさせてあげたいですよね。
けれど、いったいどんな風にあげたら良いのでしょう?

その答えは、犬の先祖であるオオカミの食事にありました。

 

● オオカミにならう野菜やフルーツの摂取方法 

オオカミは、自ら野草や、野菜を食べることはありません。
なぜなら、消化器官が短い為に、野菜を上手に消化することができないからです。


オオカミの食事は、鳥や小動物など主に草食動物を、捕まえて食べることにあります。
 
まず腹を引裂いて、胃袋や腸などの内臓を食べて、赤身を食べます。
 
 
野生のオオカミは、自分たちよりも消化管が長く、草など野菜を消化することができる草食動物の「胃袋」のなかにある野菜やフルーツを食べて必要な栄養素を取っています。
 

 

 

● 野菜&フルーツの栄養素を効率よくあたえるには

たとえば、犬のうんちに野菜やフルーツがそのまま出てきちゃった…
という経験はありませんか?

犬も、オオカミ同様、消化器官が短いので消化できなかった素材が、そのまま排泄物として出てきてしまうことがあります。
これでは、必要な栄養素を効率的に摂ることができません。

消化が苦手な犬に野菜やフルーツの栄養素を与えるには、草食動物の胃の中のような小さく砕かれた野菜やフルーツをあげる必要があります。
 
胃の中では、草や野菜が、しっかり咀嚼(そしゃく)されて、消化が進んでいて、かなり粉々な状態の野菜であることが想像できます。
ちょうど、フードプロセッサーにかけたような状態ですね。

それに、草食動物の腸内には、乳酸菌や麹菌などの善玉菌がいて、
これらの腸内菌の良質な「酵素」が食べ物の消化を助けている、まさに理想的な環境。
このような食べ物を作ってあげる必要があるのです。

 


 

野生の草食動物の胃のなかを再現した自然に近いごはんを作るなら、旬の野菜&フルーツがたぷりの「ベジミスト」と
「酵素のふりかけ」を使ったこんなレシピがおすすめです。

ベジミストは、季節毎に旬の野菜をフードプロセッサーにかけて作っています。
まとめて生産しているベジミストならコストパフォーマンスにも優れていますので、スーパーで野菜を買って作るよりも経済的。

季節の野菜&フルーツをたくさん食べて健康なからだをつくりましょう!

 

●馬肉とヨーグルトのベジミスト丼

・ベジミスト    (噛み砕かれた野菜)
・ホルモンダイス  (ハツやモツを含んだ内臓と赤身肉)
・酵素のふりかけ  (発酵食品として)
・ヨーグルト    (腸内菌の代用として)

 

参考文献:南村 友紀著「キッチンドッグ・パーフェクト50レシピ」
:森 浩治著「犬の気持ちがよくわかる本」