2019年06月30日

特集:とっても大事な元気のもと!酵素特集

大切な家族の一員である愛犬には、いつまでも元気で長生きしてほしいものですよね。

ところが、現代の犬たちは、まるでわたしたち人間のように、
アレルギーや、肥満・糖尿病などの生活習慣病に悩まされる子が増えてきています。
そのカギを握っているのが食べものであり、そこに含まれる「酵素」です。

酵素、と聞くとなんだか難しいことのように思えますが、
その特徴を知れば、気軽にいつものごはんから与えてあげることができるんです。

そこで今回は、元気なからだをつくるためにとーっても大切な「酵素」特集です。
愛犬の健康のためにも、酵素の大切さを知り、さっそく毎日のごはんに取り入れてみましょう。

 

 

生のお肉やお魚、生野菜にフルーツといった新鮮な生の食べもの、
そして納豆やチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品。

今回の主役である「酵素」は、このような自然の恵みにたっぷりと含まれています。

たとえば、わたしたち人間は、お刺身やサラダを食べたり、
みそ汁や納豆など、お馴染みの食事から必要な酵素をとっています。

犬たちにも同じように酵素のとれるごはんが大切です。

酵素は、わたしたち人間や愛犬たちはもちろん、すべての生物の体内にあり、
あらゆる生命活動に関わっている必要不可欠なもの。

主に食べものの消化・分解のために必要とされ、これが不足してしまうと、
免疫力や抵抗力が落ち、目ヤニや涙やけ、皮膚トラブルなどの症状があらわれたり、
様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

酵素は、まさに健康の善し悪しを左右するバロメーターなのです。

 

 

酵素は大きく分けて2種類

   潜在酵素…生物が生まれながらに持った、体内で作られる酵素。
食べものを消化する「消化酵素」と、からだの動きを司る「代謝酵素」の総称。
   食物酵素…生の食品や発酵食品などの食べものに含まれる酵素。

 


<酵素を含まない食品の消化>

消化のために、潜在酵素 を大量に消費。

酵素が不足し、代謝能力が落ち、免疫力が低下。

目ヤニやフケ・涙やけ・毛のパサつきなどの症状が現れる。

病気にかかりやすくなる。

<酵素を含む食品の消化> 

体内の消化酵素とともに、

食品自身に含まれる食物酵素がはたらく。

充分な量の酵素がはたらくことで、消化もスムーズに。健康なからだを保つことができる。

 

本来、肉食動物である犬は、自分の体内で酵素を作りだすことが苦手。

さらに、ドライフードなど主に加熱加工したものを食べるようになった現代の犬たちは、
以前に比べ酵素不足の傾向にあると言われています。

それだけに、食べものから積極的に酵素を取り入れていく必要があります。

その際、注意したいのは「熱に弱い」という酵素最大の弱点。
ほとんどの酵素は非常にデリケート。60~70℃でその成分が失われてしまいます。

つまり、酵素をたっぷり含む食べものであっても、
煮る・焼く・炒める、など加熱してしまうとせっかくの酵素を失ってしまうのです。

自然のままの食べものが大切な理由は、ここにあります。

 

野生動物たちの世界には、生活習慣病はありません。
なぜなら、彼らはいつも自然のままの食べものを食べ、そこから充分な酵素を補っているからです。

草食動物は、自然の草を食べ、生きるために必要な酵素を得て生活をしています。
また、肉食動物は、その草食動物を獲物とし、
新鮮な、そして酵素をたっぷりと含んだ肉と内臓を食べて元気なからだを維持しています。

一方、犬たちの食生活はというと…
人間と一緒に暮らすことに慣れた犬たちは、自分で食べものを選ぶことができません。

残念ながら、加工食品であるドライフードには酵素はありませんし、
大好物のジャーキーや、ましてやおいしく味付けされた飼い主さんのお裾わけには
酵素は残っていないことでしょう。

ハンバーガーにカップラーメン、お手軽な数々のインスタント食品。
わたしたち人間の世界では、おいしいけれど加工されることで素材がもつ本来の栄養を失った
バランスの悪い食事を重ねて生活習慣病になる人が増えています。

犬たちの身の回りにも、今、まったく同じことが起こっています。
ですから、わたしたち飼い主が日頃から愛犬のごはんに注意してあげることが大切です。

 

自然のままの食べものが良いといっても、
犬たちが野生動物のような食事を毎日続けるのはなかなか難しいもの。

幸い、必要な食材は日常生活で手にいれることができますし、
最近では酵素を手軽に補えるように開発された、ふりかけやサプリメントもあります。

「いつものドッグフードに生肉や生野菜をトッピングしよう」
「今日は酵素たっぷりのふりかけをかけてあげよう」

こうやって毎日のごはんに食材をちょっとプラスしてあげることで、
犬たちに不足しがちな酵素をとりいれてあげましょう。

それでは、酵素を含む食材を使ったムリなく作れる簡単レシピをご紹介します。

 


いつものドライフードに、酵素たっぷりのフレッシュなブルーベリーとヨーグルトを混ぜるだけ。
仕上げは50種類の野菜とフルーツのエキスがぎゅっとつまった酵素のふりかけで、元気いっぱい。

 

▼ 材料
ドライフード(キャスター&ポラックス ウルトラミックスを使用 ※近日入荷予定)
ヨーグルト
ブルーベリー
酵素のふりかけ

▼ 作り方
1.ドライフードを器にいれる
2.プレーンヨーグルトとブルーベリーを盛りつける
3.酵素のふりかけ小さじ1をかけてできあがり

一日の給与量について(体重5kgの場合)
ドライフード : 60g ヨーグルト: 20g  ブルーベリー : 適量
酵素のふりかけ:小さじ1

※給与量は運動量や体重の変化に応じて調節してください。