2018年06月19日

rainy season1-2

昨日の地震の被害に遭われた皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。

 

 

(前回のお話はこちらからご覧ください。)

早速、考え方のお話に入りますが、前回記載した犬の概念を踏まえた人側の立場としては、なんだかよく分からない儀式に「犬達に付き合ってもらっている」と捉えると犬達の状況がわかりやすくなるかと思います。

中には終わるまで受け入れて拭かせてくれている場合もあるでしょうし、「これはイヤだ」「やめてほしい」という言葉を一生懸命に出し続けているのに人に届かず、結果的に体を拭かれる事が既に苦手になっている場合もあるでしょう。

その場合は、体を拭いている間に良い事が起きるという環境を作ってみるのはどうでしょうか。

「あぁこれイヤだなぁ」と思っている事を、いつ終わるのかわからないまま、ただひたすら我慢するのは、人間であってもなかなか辛いなぁと私は思います。

家族であるはずの犬達に、無理矢理になってしまったり、我慢の積み重ねをさせてしまうより、良い事に集中している間に気が付いたら終わってた!という状況の方が犬達にかかる負担が少なく済むと考えています。

ということは、体を拭き終わる前に無くなってしまう様な良い事は避けた方が良いですね!!

(「良い事」は、もちろんですがそれぞれに違います。なので、オーナー様にしかわからないパートナーの情報ですので、「うちだったらこれだな!」というのをイメージしながら読んでみてください^^)

パートナーが体を拭かれる行為を嫌がっている様に感じた時にももちろんですし、今は平気な様子の場合にも、たまにそういった事を挟むと楽しんでくれるでしょうし、もしかしたらいつか嫌になってしまう可能性を予防できる事も考えられます。

犬達にとって、体を拭くだけではなく「なんだかよくわからない状況」を受け入れてもらうには、彼らに我慢を強いるよりも、少しでも良い印象に捉えてもらう環境を作る取り組みをする事が、お互いに楽しく過ごせる方法の1つだと考えています。

そこからさらにステップアップも将来的にしていくというスタンスで行うと、先の目標も持ててより楽しくなるのではないでしょうか?

そして、何より自分のパートナーはどんな事だったら喜んでくれるかな?とか、どんなものが好きかな?と考えるとワクワクしませんか♪

犬も人も楽しく梅雨を乗り越えたいですね^^

 

<<ATTENTION>>

一例ですので、状況によっては他の方法をご提案する場合もあります。参考程度に読んでくださいね

 

 

P.S. 2回は、「カッパ」の予定ですU ´` U

 

トレーニング担当:上原

2018年06月15日

rainy season1-1

いよいよ梅雨本番と言う感じですが、色々気になることがありますよね。 そんな気に……
2018年06月08日

ビジターコース

本日はビジターコースの様子をお届けしたいと思います♪   ……
2018年06月05日

e-Book

少し前から更新しているe-Bookですが、ご覧いただけましたでしょうか? ……