2018年06月01日

weオリジナルロングリード

この度、weオリジナルのロングリードができました!

トレーニング、フリスビー、ボール投げなど毎日が楽しくなるアイテムです。

 

本日は、トレーニングでの使用一例をご紹介します。

ロングリードを使ってご愛犬と一緒に楽しみながら行える「おいで」の練習例です。

 

□STEP

1.見通しがよく広く安全な場所で、ロングリードに付け替えます。

2.ロングリードを安全な所に結んだりなどリードを付けたままどこかへ行ってしまわないように持ち手側をしっかり固定します。

3.準備が整ったらご愛犬から1mほど離れた場所に1人、おやつやおもちゃを持ってスタンバイします。

4.その対角線上1mほど離れた場所にもう1人がおやつやおもちゃを持ってスタンバイします。

5.まずどちらかが「おいで」と言って自分の所に来たら褒める声をかけてからおやつをあげたり、少しおもちゃで遊んであげます。

6.反対側のもう1人が「おいで」を言い「5」と同じことをします。

 

この流れを繰り返す中で、少しずつご愛犬から離れる距離を伸ばしていきます。              ☆初めから離れすぎるのは犬にとっては難しくなるので、失敗しない距離から始めることがポイントです☆

そうすると、気づけば「おいでゲーム」が完成しています!

weオリジナルロングリードは最長20mなので、一番長いと往復40mを行ったり来たりすることになり、なかなかの距離を動くことができます。

また、「おいで」と呼ばれたら良い事や美味しい事、楽しい事が繰り返されるので、「早く行きたい!」という気持ちが生まれやすいですし、どんなタイミングで呼ばれるかもわからないので、集中する意識も向きやすくなることが同時に考えられます。

何より愛犬が急いで自分の元に来てくれる姿はとても嬉しくなります^ ^

このゲームはご愛犬もオーナー様も楽しく「おいで」の練習ができます。

人の人数に制限はないので、ご家族やお友達も誘って行うことで、様々な人からの「おいで」の良い練習になりますし、みんなで一緒に楽しめるかも?!

暑くなる時期は、気温が低い時間帯などにお試しくださいね。

 

《ATTENTION》

体や足に絡まってしまったり、勢いがついてリードが張ることにより生まれる、犬の首への衝撃が起きないようにする事や、手で持っている時は摩擦で人の手が火傷しないようになどの注意は必要ですので、離れる距離を伸ばしながら、初めてロングリードを使用される方はリードさばきにも慣れていっていただければと思います。

GOOD MANNERS LEASH(Long type 20)- we original –

 

トレーニング担当:上原あゆみ