Architect

森 浩治住宅建築家/デザイナー

1978年 東京都生まれ 新座総合技術高等学校工業デザイン科卒業後、在来工法大工、
2x4工法、店舗工事、宮大工の経験を経て独立。
住宅設計を軸に、家具デザイン、ウェブデザイン、プロダクトデザインディレクション
など生活に関わるトータルデザインを手がけている。
また、建築家であり愛犬家。ペットプロダクトも多数デザインしている。

KOJI MORIArchitect / Designer

Koji Mori was Born in 1978 in Tokyo.
I graduated Niiza Sogo High School Department of Product Design.
I started working as a Miyadaiku (carpenter specializing in temples/shrines.)
After that, independently worked with wood on a vi\variety of projects.
Currently, I'm focused on home design, furniture design and web design.

Mind

2004年ころから現在まで、埼玉県入間市にある米軍ハウスに、住居とアトリエを構え、建築や設計、デザインに関わる仕事をしてきました。
米軍ハウスとは、戦時中アメリカの駐屯地にあった現入間基地近辺に建設された、米軍のための家族向け平屋建築。

1950年頃に建てられたDependant House(扶養家族住宅)と呼ばれていたハウスは、その頃の日本の文化住宅とはまったく異色のもので、土足のまま出入りする内開きの広い玄関やアプローチ、トラス構造を用いた開放的な間取り、無垢の床板や、庭付きのテラスは、古き良きアメリカの佇まい。

Since 2004 to now I have been working on former military houses. Building, architecting and designing the houses is what i do.
The houses were used by the military residence during the war. It is near Iruma Base. It is a one story house that was made for American military families.They were built in 1950 and they were named Dependant Houses. It is a different style as the modern Japanese house. The floors are made of hard wood so that shoes could be walked in with other than the Japanese house with soft floors for shoes to be taken off. It has a wide doorway, a open floor plan using the truss structure and a garden terrace. It is a good old American appearance.

戦後は、基地が日本に返還、跡地は払い下げとなりましたが、その独特のアイデンティティを持った米軍ハウスは、多くのアーティストやクリエイターたちなどに愛され、修繕やリペアを繰り返しながら半世紀以上もの間、現存してきました。

私のハウスも、ここ10年余りの間に幾度となく修繕を繰り返し、そしてその時のなかで自身も起業し、会社を設立、結婚して子供が産まれ、犬や猫などの家族も増えたりと、私生活も大きく変化してきました。

After the war, the base was given to Japan and the houses were given to the people. The houses have become an inspiration to artists and creators for over 50 years and more to come.The houses have been repaired many times over the past decade. Within that time stores move in and open shop, weddings get taken place, and families increase with cats and dogs. Private life has also changed significantly within that time.

学生時代、デザイン科でものづくりの基礎を学び、その後、宮大工の道へ進み、在来工法や2x4工法など、職人の世界で生きてきました。
建築士として独立してからは、プロダクトデザインや商店建築など、モダンデザインも経験し、現在に至ります。

建築士や建築家と言うと、敷居が高そうで、ハイセンスデザインばかりに意識がいきがちですが、私の場合 “ 建築は箱 ” だと捉えています。
建物も、住まう人も、共に歳を重ねるものだから、建築して完成ではなく、ペンキを塗り替えたり、家族が増えたら間取りを変えたりと変化があって良いし、なによりそんなことを楽しめる家であってほしい。
カチッとし過ぎるのではなく、空間だけで完結させない余地を残したり、そこから見える景色に意味を持たせたりすることのほうが大切です。
それに、家づくりでは、身近にある家具や、ドアノブや、スイッチなどのパーツなど、毎日使うアイテムのディテールこそが、暮らす人にとっては以外に大きな役割を占めているもので、建築とはそもそもデザインや性能だけに注力して完成させるものではなく、建ててからはじまる未来を想定して作っていくものだと考えています。

As a college student I have studied design and have been learning the foundation of making things. After that I took the path of miyadaiku and took the conventional method of construction and 2x4 construction method, and have lived as a carpenter. Living as an independent, I have experienced many different designs.I see architecture as a box. Just a box that people could live in and grow old in. Families will be raised in the box. With time the box will change like the walls being painted. Changes like that are good. It's also important for the box to have furniture, doors, switches and everyday used items. I really like a good box.

朝起きたら、日差しを浴びて、鳥のさえずりや外からの風を感じ、今日のことを考える。
夕暮れ時には、煎れたてのドリップ珈琲の香り、そして子供たちの声が聞こえてきて、リビングでお気に入りのソファに腰掛ける。

誰にでも訪れる、ごくあたり前の、1日の時間。
そこで過ごす暮らしがどれだけ心地よいものになるか、それこそが住まう人自身の未来を作っていくこと、そしてそこから見える時間や景色こそが建築が担っていく役目。

Image yourself waking by the morning shine, hearing the birds and feeling a nice breeze.At the evening, in the living room you sit on your favorite sofa and put your feet up on the ottoman, you smell freshly brewed coffee and hear children playing outside.A common place where anyone can visit with no problems. Everyday life is important to be pleasant.

そんな風に考えるようになったのは、この米軍ハウスでの生活、ゆるぎのない時間軸を過ごすなかで感じてきた建築への想いにあります。
これから先の10年後、20年後の未来が、物質的なものからだけでなく、心から豊かな生活にシフトいくとすれば、こうした風景を作ることこそが建築家が担う本当の仕事だと思う。

わずかながらの人生経験と、様々な方面からの建築へ関わりから、私が出した答えは “ 人が住まうための心地よい風景を作る ” という建築スタイルに集約していったのです。

I think of the future in 10 years and 20 years, to have a sincerely rich life, it is the role that of the architect. it is their responsiblity for making such a landscape.With little life experience, and from involvements to various architectural projects, I have come to understand the architectural style of "people make a pleasant landscape for living".

また、建築においては、技術や価格ももちろん大事な要素ですが、設計者とクライアントのフィーリングこそがすべてです。
高い材料や、良いものだけを集めても、最良の建築ができるわけではありませんし、設計を依頼する人もされる人も、合う人もいれば、合わない人もいる。
趣味趣向が合うこと、言っているニュアンスが互いに理解できる人を探すことこそ、建築においては、一番、大事なことかも知れません。


もしも、あなたがいつか家を建てようとお考えならば、まずは、私たちの運営するショップや、製作事例である物件や、アトリエを見にきてみてほしいと思います。

ここから見えるものが好きになってもらえたなら、想い描いている未来は、もしかしたら同じ景色かも知れません。

Construction and price is an important element, but what else that should be considered is the feeling between the planner and the client. Prime material and, even attracting only good supplies do not make the best architecture.If you think that you will build a house come by my shop and see my production case, please come to look at my workshop. If you come to love what you see, think of the future and think of what kind of scenery you would like to like in.